FC2ブログ

内視鏡医の応援サイト! 内視鏡関連の新着ニュースをお届けします!

エンドスコピン!(内視鏡ニュース)
http://endoscopin.blog40.fc2.com/

DELL

デル株式会社

お役立ちサイト

iMac

Apple Store(Japan)

VAIO

Sony Style(ソニースタイル)

DELL

dellcampaign4_120x60

mous computer

LUVMACHINE-120x60

PCアクセサリー

PCDEPOT web

学会中の宿泊はこちら

楽天トラベル株式会社

xserver

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンドスコピン!(内視鏡ニュース)

2006/03/19 00:25|新着ニュースTB:0CM:0
■============================■
        内視鏡関連 新着情報提供マガジン
           エンドスコピン!
■============================■

**********************************
エンドスコピン! 臨時休刊のお知らせ

いつもエンドスコピン!をご愛読頂き誠にありがとうござます。
さて、誠に勝手ながらエンドスコピン!を4月9日まで臨時休刊させて頂きます。
次回は4月10日よりお届けする予定です。
引き続きのご愛読を宜しくお願い致します。
**********************************

こんにちは。
エンドスコピン運営事務局です。

目紛しく進化する内視鏡医療、あなたはどのようにして最新情報を
入手していますか?
学会?文献?医療情報誌?インターネット?セールスマン?

情報源は多々ありますが、もっと効率的に最新情報を得たいと
思いませんか?

そんなあなたに毎週1回、内視鏡関連の新着ニュースを
ピックアップして、お届けします。

これさえ読めば、忙しいあなたもかなりの情報ツウ?


■=============================
 ニュース期間:2006/3/10 to 2006/3/19
==============================

2006.3.17
胃がん手術後の生存期間はピロリ菌陽性者の方が長い、全生存期間で5年対1年半と大差
 胃がん手術を受けた患者の予後を追跡したところ、ピロリ菌陽性者の方が陰性者よりも大幅に生存期間が長い
常識的な予想を裏切るような研究成果がこのほど報告された。
独Ludwig Maximilians University of MunichのGeorgios Meimarakis氏らが、
治癒切除を受けた胃腺がん患者をピロリ菌陽性者と陰性者に分けて53カ月追跡したところ、
無再発生存期間は、陽性者56.7カ月、陰性者19.2カ月、全生存期間は陽性者61.9カ月、陰性者19.2カ月と、
大差がついた。
詳細は、Lancet Oncology誌2006年3月号に報告された。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/425060

2006.3.17
進行大腸がんを対象にしたFOLFOX6の有効性が多施設フェーズ2試験で確認
 切除不能進行・再発大腸がんを対象に5FU、l-ロイコボリン、l-オキザリプラチンを併用投与する
レジメンである「FOLFOX6」のわが国における多施設フェーズ2臨床試験で、
欧米と同様の有効性かつ安全性が確認された。
FOLFOX6は進行・再発大腸がんに対する国際的標準治療の一つとなっているが、
わが国の多施設試験でも有効性が確認されたことから今後、普及が促進されることになる。
FOLFOX6は、5FU、l-ロイコボリンの2日投与が必要なFOLFOX4に比べて来院回数を少なくすることができるため、
外来治療に向いた方法である。
成果は国立がんセンターなど12施設の共同研究から得られたもので、国立病院機構九州がんセンターの
江崎泰斗氏が3月17日に大阪市で開催された日本臨床腫瘍学会総会のプレナリーセッション1で発表した。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/425203

2006.3.16
薬剤溶出ステントでもリスク変わらず、STEMI対象の大規模試験で判明
 ST上昇型急性心筋梗塞(STEMI)に対して、薬剤溶出性ステントを留置しても、心臓死や再梗塞の発症は
従来ステントと変わらないことが分かった。
これは、STEMI患者620人を対象に行われた前向きランダム化比較試験PASSION
(Randomized Comparison of Paclitaxel eluting Stent versus Conventional Stent in STE-myocardial Infarction)の解析結果から明らかになったもの。
オランダ・アムステルダムのOnze Lieve Vrouw Gasthuis循環器科のMauritis T. Dirksen氏が、
第55回米国心臓病学会の「i2 summit late breaking clinical trials」セッションで発表した。
心臓発作の中で最も重篤なSTEMIに対するDESの有効性について検証したのは今回が初めて。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/425042

2006.3.16
【日本胃癌学会速報】保険適応になったESD、今後の課題が研究会で議論
 第78回日本胃癌学会総会最終日の3月11日、同学会の付置研究会であるESD研究会が全日にわたって開催された。
おりしも、今年4月の診療報酬改定で、胃の早期悪性腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の保険収載が
決定したばかり(11000点)。会場は立ち見も出る盛況ぶりで、ESDへの関心の高さをうかがわせた。
 ESD研究会の世話人でもある国立がんセンター東病院長の吉田茂昭氏は、研究会のまとめとなる特別発言を行った。
同氏はまず、研究会で調査を行った結果、既にESDが全国で1年間に1万2000件も実施されていることを紹介、
治療技術の質的保証が火急の課題と述べた。当面は毎年、技術講習会を開催する予定だ。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/425050

2006.3.15
【日本胃癌学会速報】ピロリ菌除菌による胃癌予防、10年間の介入研究の結果が報告
 3月10日、第78回日本胃癌学会総会で、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)除菌による
胃癌予防効果について、10年間に及ぶ大規模介入研究の詳細な結果が、国立がんセンター中央病院内視鏡部の
斉藤大三氏から初めて報告された。
 ピロリ菌の除菌効果については、既に中国から、除菌が胃癌発生を有意に予防したとの報告、
またコロンビアからは、除菌により萎縮性胃炎や腸上皮化生が有意に改善したとの報告が出されている。
 斉藤氏らの介入研究は、1994年4月から厚生省(当時)の補助金を得て、「ピロリ菌除菌による胃粘膜萎縮の発生
および進展の予防に関する研究」として行われてきたもの。119施設が参加した。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/424759

2006.3.14
【日本胃癌学会速報】大阪で第78回日本胃癌学会総会が開幕_
 大阪市の大阪国際会議場とリーガロイヤルホテルを会場に、3月9~11日の3日間にわたって
第78回日本胃癌学会が開催された。会長を務めたのは、市立堺病院院長の古河洋氏。
 日本は以前から胃癌患者が多く、胃癌の研究が盛んに行われてきた。
さらに、今回は、昨年死去した韓国のJim Pok Kim氏の業績を称えるためのメモリアルセッションが組まれ、
50題もの国際演題が集まった。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/424751

2006.3.14
【日本胃癌学会速報】末期胃癌の閉塞症状改善に酢酸オクトレオチド
 第78回日本胃癌学会総会最終日の3月11日、末期胃癌患者の消化管閉塞症状の緩和に、
酢酸オクトレオチドが有用だったとの報告があった。
ポスターセッションで、横浜市の済生会若草病院外科の戸倉夏木氏が発表した。
 癌終末期には、消化管閉塞症状を起こすことが少なくない。
実際、済生会若草病院では、消化器末期癌で死亡する患者の約3分の1から4分の1に腸閉塞があったという。
癌性腹膜炎などによる嘔吐や腹痛は患者のQOLを損なうため、症状緩和が求められていた。
 酢酸オクトレオチドはソマトスタチンの誘導体で、2004年10月から進行・再発癌における消化管閉塞に伴う症状の改善が
効能追加となり、一般病棟でも使用できるようになった。
消化液の分泌抑制や、消化管内の水や電解質の吸収促進により、消化管症状を改善するとされている。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/424762

■PR===========================
 エンドスコピン!公式ブログのご紹介

 最新の内視鏡ニュースをブログにてタイムリーにご紹介!
 何かと役立つ各種学会、内視鏡関連メーカーへのリンクも充実。
 是非、一度お立ち寄り下さい!
 http://endoscopin.blog40.fc2.com/

■PR===========================
【新着医学文献】メールマガジンのご紹介

 皆さんは、医学文献、特に英文ペーパの検索はどうしてますか?
 やっぱりPubMedですよね。

 でも、定期的に検索するのって、結構面倒ですよね?
 そんなあなたに代わって、部位別、カテゴリー別にピックアップ
 した医学文献(一週間分)をデイリーでお届けします!

 登録の申し込みはこちらから
 http://www2.formzu.jp/formgen.cgi?ID=d5135339

==============================

■=============================
 運営: エンドスコピン運営事務局
 Copyright (C) エンドスコピン運営事務局 All rights reserved.
==============================
スポンサーサイト

エンドスコピン!(内視鏡ニュース)

2006/03/12 22:18|新着ニュースTB:0CM:0
■============================■
        内視鏡関連 新着情報提供マガジン
           エンドスコピン!
■============================■

こんにちは。
エンドスコピン運営事務局です。

目紛しく進化する内視鏡医療、あなたはどのようにして最新情報を
入手していますか?
学会?文献?医療情報誌?インターネット?セールスマン?

情報源は多々ありますが、もっと効率的に最新情報を得たいと
思いませんか?

そんなあなたに毎週1回、内視鏡関連の新着ニュースを
ピックアップして、お届けします。

これさえ読めば、忙しいあなたもかなりの情報ツウ?


■=============================
 ニュース期間:2006/3/6 to 2006/3/12
==============================

2006.3.11
全国の医師が決定
「質問・要望への対応が良い企業」のMR偏差値 都道府県別ランキング
第1位に山梨県のファイザー
ソネット・エムスリー株式会社が実施した「ヘンサーチ」調査において、
“質問・要望への対応が良い企業"として都道府県別ランキング、
全国ランキングトップ10を発表いたします.
47都道府県全846チームを評価
製薬企業18社に対して「ヘンサーチ」が実施した調査において、
“質問・要望への対応が良い企業"として全国の医師が選んだ第1位チームに
「ファイザーの山梨ブロック」が選ばれました。
続く第2位は「大日本住友製薬の秋田ブロック」、
第3位は「万有製薬の山梨ブロック」という結果になりました。
都道府県別ランキングトップ10圏内には、三共、サノフィ・アベンティス、
ノバルティスなどのブロックも入っており、全体として東北・九州エリアの
医師からの評価が高いようです。
詳細はこちらから


2006.3.10
フジノン東芝ESシステム
経鼻内視鏡検査可能施設一覧を更新
詳細はこちらから


2006.3.7
COPD患者は十分な終末期ケアを受けていない可能性、米研究で指摘
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、米国では死因の第4位になっている。
終末期の痛みや苦痛、不安などはがん患者に匹敵するとされていながら、
肺がん患者と比較した場合、鎮痛剤などが十分に投与されていないことがわかった。
一方、COPD患者は外来受診回数、ICU入院頻度が高いため、
医療費は約4000ドル余分にかかっていた。
死亡までの6カ月間に、COPDと肺がんの患者に行われた治療を比較する後ろ向きコホート研究の成果で、
米Washington大学のDavid H. Au氏らが、Archives of Internal Medicine誌2006年2月13日号に報告した。
詳細はこちらから


2006.3.7
埼玉県医師会主催 胃がん予防健康公開フォーラム開催のお知らせ
日本人の死亡要因で最も多い「がん」。
その中で肺がんに次いで多いのが胃がんです。
今回のフォーラムは、がんで尊い命を落とすことにならないよう「胃がん検診」の受診率向上につなげていこうと企画したものです。
病巣を早期発見すれば命を落とす可能性が極めて少ないこと、そして検査方法にもさまざまな手法があることを理解していただき、
ひとりでも多くの方が検査に出向き、早期発見・早期治療につなげていければと考えております。
日時:平成18年3月21日(祝)、13:30~15:40
場所:埼玉県県民健康センター 2階大ホール (JR浦和駅から徒歩15分)
尚、入場は無料です。詳細は公式ページをご覧ください
詳細はこちらから


2006.3.6
PENTAX
共焦点内視鏡システム を海外向けに販売開始
― 高倍率で解像度の高い画像を実現―
ペンタックス株式会社(社長:浦野 文男)は、共焦点技術 注 を用いることで
高倍率かつ解像度の高い鮮明な画像が得られ、細胞レベルでの観察を可能にした
医療用フレキシブル共焦点内視鏡システムを開発、3月1日から海外市場向けに
販売開始いたしました。
 このたび発売したのは下部消化管向けの共焦点内視鏡システムで、
当社がオーストラリアの オプティスキャン・イメージング社 ( URL http://www.optiscan.com.au ) と共同で開発を進めてきたものです。
一般的な医療用内視鏡では粘膜表面のマクロな形状を観察するに止まっているのに対し、
本システムでは大腸などの粘膜細胞を生体標本の病理診断と同等レベルで観察することを
可能にしました。
詳細はこちらから


2006.3.6
[PET検査]がん未検出85% 有効利用 なお研究必要
 小さながんでも発見率が高いと言われ、約100か所の医療機関に導入されている
画像診断装置PET(ペット、陽電子放射断層撮影)。
多くの施設でがん検診にも使われているが、国立がんセンター(東京)の研究で、
がんの85%が検出できなかったことが分かった。
「PETで異常がないからといって安心するのは危険」と専門家は指摘している。
詳細はこちらから


2006.3.6
がん患者の生活の質を改善 シイタケ成分に効果
 消化器病の専門医らが設立した「消化器医食会」が、がん患者を対象に
一昨年から実施していたシイタケの有用成分に関する臨床研究で
「がん治療の補助食品として有用」との結論がまとまった。
抗がん剤の副作用を和らげ、身体状況など生活の質(QOL)を改善するという。
 消化器医食会は、日本高齢消化器病学会の研究会として発足。
最初の臨床研究として、シイタケ有用成分のサプリメント(健康補助食品)
「ミセラピスト・超微粒子βグルカン」(味の素)を取り上げた。
詳細はこちらから


■PR===========================
 エンドスコピン!公式ブログのご紹介

 最新の内視鏡ニュースをブログにてタイムリーにご紹介!
 何かと役立つ各種学会、内視鏡関連メーカーへのリンクも充実。
 是非、一度お立ち寄り下さい!
 http://endoscopin.blog40.fc2.com/

■PR===========================
【新着医学文献】メールマガジンのご紹介

 皆さんは、医学文献、特に英文ペーパの検索はどうしてますか?
 やっぱりPubMedですよね。

 でも、定期的に検索するのって、結構面倒ですよね?
 そんなあなたに代わって、部位別、カテゴリー別にピックアップ
 した医学文献(一週間分)をデイリーでお届けします!

 登録の申し込みはこちらから
  http://www2.formzu.jp/formgen.cgi?ID=d5135339

==============================

■=============================
 運営: エンドスコピン運営事務局
 Copyright (C) エンドスコピン運営事務局 All rights reserved.
==============================

エンドスコピン!(内視鏡ニュース)

2006/03/06 17:43|新着ニュースTB:0CM:0
■============================■
        内視鏡関連 新着情報提供マガジン
           エンドスコピン!
■============================■

こんにちは。
エンドスコピン運営事務局です。

目紛しく進化する内視鏡医療、あなたはどのようにして最新情報を
入手していますか?
学会?文献?医療情報誌?インターネット?セールスマン?

情報源は多々ありますが、もっと効率的に最新情報を得たいと
思いませんか?

そんなあなたに毎週1回、内視鏡関連の新着ニュースを
ピックアップして、お届けします。

これさえ読めば、忙しいあなたもかなりの情報ツウ?


■=============================
 ニュース期間:2006/2/27 to 2006/3/5
==============================

2006.3.3
術後再発肺がんのEGFR変異とゲフィチニブの効果を検証するフェーズ3試験が今月末に開始
 特定非営利活動法人(NPO)の西日本胸部腫瘍臨床研究機構が、
上皮成長因子受容体(EGFR)に変異を持つ術後再発非小細胞肺がん患者を対象に、
最初にゲフィチニブを投与する群と最初にシスプラチンとドセタキセルを投与する群を比較する
フェーズ3試験を今月の終わりに開始する。
3月3日に福岡市で開催された第39回制癌剤適応研究会の教育講演で愛知県がんセンター
胸部外科部長の光冨徹哉氏(写真)が、明らかにしたものだ。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/423886

2006.3.2
医療ミス:30センチのヘラを患者体内に 慈恵医大病院
 東京慈恵会医科大学付属青戸病院(東京都葛飾区)で今年1月、
手術を受けた女性患者(68)の体内に医療器具を置き忘れるミスがあったことが分かった。
同病院では患者に謝罪し、都に事故を報告した。
 同病院によると、女性患者は1月31日、産婦人科で卵巣腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受けた。
医師が縫合の際、針で傷つけないように腸を押さえる金属製のヘラ(長さ約30センチ、幅約5センチ、厚さ数ミリ)
を使用したが、ヘラが腸の間に潜り込んだことに気付かないまま、縫合してしまったという。
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060302k0000e040051000c.html

2006.2.28
大腸がん検診、40歳から毎年受診を 厚労省検討会提言
 市町村が実施するがんの住民検診のあり方を議論している厚生労働省の検討会
(座長・垣添忠生国立がんセンター総長)は27日、大腸がん検診は40歳以上は年1回の受診が望ましい
との意見をまとめた。これを受けて厚労省は今年度内にも通知する方針だ。
http://www.asahi.com/health/news/TKY200602270331.html

2006.2.27
シュガーレスガムで術後の腸回復が早まる、消化管手術の入院期間が3分の2に
 腹部の手術後、機能的イレウス(腸管麻痺)が起きる頻度は高い。
米Santa Barbara Cottage病院のRob Schuster氏らは、S字結腸切除後の機能的イレウス防止に
ガムが有効かどうかを確かめる前向きの無作為割付試験を行った。
その結果、1日3回、1時間ずつシュガーレスガムをかむと、腸の蠕動再開が促進され、
退院が2.5日早まることが明らかになった。
ガムをかむことで本来は食物摂取によって刺激される脳-迷走神経反射を刺激し、
腸の運動に関わるホルモンの産生を上昇させるためと考えられている。
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/mdps/423264

2006.2.27
フジノン東芝ESシステム
千葉県経鼻的胃内視鏡検査法懇話会のご案内
  FTSより極細径上部消化管用内視鏡が登場して三年が経過致しました。
経鼻的上部消化管内視鏡検査を施行していただいている医療施設では、
高い評価の下に新しい検査法として確立されつつあると言えると思います。
しかしながら経鼻的上部消化管内視鏡検査は未だ多数の先生方に御理解いただき、
スタンダードな検査法であると認知されたとは言えないのが現状です。
今回は、千葉大学光学医療診療部教授 神津照雄先生に総合司会をお願いし、
国内におきまして経鼻的上部消化管内視鏡検査をいち早く取り入れていただいております
出雲中央クリニック院長宮脇哲丸先生に検査法の実際について特別講演をいただく予定です。
 日時: 平成18年3月4日(土) 18:00~20:00
 場所: 千葉商工会議所 14F 第1ホール
 住所: 千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館
      TEL:043-227-4101
特別講演
経鼻的胃内視鏡検査の実際
~鼻から行う、安全で楽しい内視鏡検査~
出雲中央クリニック 
院長  宮脇 哲丸先生
http://www.ft-es.co.jp/medical_staff/seminer/20060227.html

2006.2.27
オリンパスメディカルシステムズ
製品紹介:カラービデオプリンターOEP-4
内視鏡画像の微細なニュアンスまで忠実にプリント。
「高画質の観察画像をそのままプリントしたい」先生方のそうしたご要望に応えるために開発された、
カラービデオプリンターOEP-4。ハイビジョン(HDTV)信号に対応したその高精細な再現力が、
病変の微妙なニュアンスまで忠実に記録します。
従来のスタンダードタイプ(SDTV)の信号を入力しても、従来より高画質のプリントが可能。
さらに、内視鏡専用の色調設定、高速印刷、大幅な小型化など、充実した機能と先進の使いやすさを
満載して検査・診断を強力にサポートします。
http://www.medicaltown.net/digestive/product/peripherals/peripherals/oep-4/index.html

2006.2.27
第5回ESDライブデモンストレーションセミナーレポート
2005年11月19日、佐久市コスモホールにて、第5回ESDライブデモンストレーションセミナーが開催されました。
代表世話人は佐久総合病院の小山恒男先生。
ファカルティには今回より、岸和田徳洲会病院の豊永高史先生が加わり、
6名の先生方による6症例のESDが実施されました。
http://www.medicaltown.net/digestive/report/emr_saku_05/index.html


■PR===========================
 エンドスコピン!公式ブログのご紹介

 最新の内視鏡ニュースをブログにてタイムリーにご紹介!
 何かと役立つ各種学会、内視鏡関連メーカーへのリンクも充実。
 是非、一度お立ち寄り下さい!
 http://endoscopin.blog40.fc2.com/

■PR===========================
【新着医学文献】メールマガジンのご紹介

 皆さんは、医学文献、特に英文ペーパの検索はどうしてますか?
 やっぱりPubMedですよね。

 でも、定期的に検索するのって、結構面倒ですよね?
 そんなあなたに代わって、部位別、カテゴリー別にピックアップ
 した医学文献(一週間分)をデイリーでお届けします!

 登録の申し込みはこちらから
 http://www2.formzu.jp/formgen.cgi?ID=d5135339

==============================

■=============================
 運営: エンドスコピン運営事務局
 Copyright (C) エンドスコピン運営事務局 All rights reserved.
==============================

ブログ内検索

MacBook Air

Apple Store(Japan)

WILLCOM

ウィルコムストア

RSS

********

 |  未分類 | 新着ニュース | 新着医学文献 | メルマガ登録 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. エンドスコピン!(内視鏡ニュース)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。